Home > OSS > OpenPNE-3.4.0.1のインストール。

OpenPNE-3.4.0.1のインストール。

  • 2010-01-28 (木) 22:40
  • OSS

会社のテストサーバにOpenPNE-3.4.0.1をインストールしてみたので、その作業メモです。
CentOS 4.5 / PHP 5.2.4 / MySQL 5.0.45 のちょっと中途半端な環境です。

まずは、サーバ環境が以下を満たしているかを確認する。

Webサーバ
  Apache
    * mod_rewrite を使用可能
PHP
  PHP5.2.3 以降
    * PHP の mbstring 拡張モジュールを使用可能
    * PHP の XML 拡張モジュールを使用可能
    * PHP の PCRE 拡張モジュールを使用可能 (UTF-8 サポート)
    * PHP の PDO 拡張モジュールを使用可能 (利用する DBMS のドライバも含む)
    * PHP の JSON 拡張モジュールを使用可能
    * PHP から GD ライブラリを使用可能 (JPEG/GIF/PNG サポート)
    * PHP の mcrypt 拡張モジュールの使用を推奨
    * PHP の APC 拡張モジュールの使用を推奨
データベースサーバ
  MySQL4.1以降(5.1 以降を推奨)

Symfony はインストールしてある必要ありません。


OpenPNE3 のソースコードを入手

http://www.openpne.jp/pne-downloads/

より最新版をダウンロード

 今回は、/home/openpne/public_html がドキュメントルートになるようにApacheを設定しインストールすることにする。


  /home/openpne/
  +– LICENSE
  +– NOTICE
  +– symfony
  +– apps/
  +– bin/
  +– config/
  +– data/
  +– doc/
  +– i18n/
  +– lib/
  +– log/
  +– plugins/
  +– templates/
  +– test/
  +– web/
      +– index.php
      +– js/
      +– mobile_frontend.php
      +– pc_backend.php
        :

config/ProjectConfiguration.class.php.sample をもとに、config/ProjectConfiguration.class.php を作成する。
config/OpenPNE.yml.sample をもとに、config/OpenPNE.yml を作成する。

base_url と mail_domain は必ず設定の必要あり。メール投稿、メール配信の際に利用されるらしい。

config/ProjectConfiguration.class.php.sample と config/OpenPNE.yml.sample は削除せずに残しておく。
削除すると、インストールの際にWarningがいっぱい出るのと、インストール後もWarning。


./symfony に実行権限を付ける(パーミッションの変更)

シェルからコマンドを実行してインストール
(rootではなく、ディレクトリの所有者で実行するのがよい。そうしないとパーミッションでいろいろ悩むことに)

$ ./symfony openpne:install


コマンドを実行すると、はじめに、以下の事項の入力を求められます。

*  使用する DBMS (mysql, pgsql, sqlite から選択。ただし mysql 以外は未サポート)
*  データベースへの接続用ユーザ名
*  データベースへの接続用パスワード(未入力可)
*  データベースサーバのホスト名(localhost など)
*  データベースサーバのポート番号(未入力可)
*  データベース名
* (DBMS に MySQL を選択し、サーバホスト名に localhost を指定した場合)使用するソケットへのパス(未入力可)

なお原因不明だが、ホスト名がlocalhostだとインストールに失敗したので、FQDNの形で指定しました。


最後に、./web/ の名称を ./public_html/ に変更する


Cronの設定とかが残っているけれども、とりあえずは、これで画面が表示されました。

<追記>

./web/ の名称を ./public_html/ に変更する形だと、プロフィール画像をアップロードした後に、キャッシュが作成されなくて画像が表示されませんでした。DBには画像が保存されていて、キャッシュ生成時のみの問題のようなので、キャッシュディレクトリへのパスがどこかで設定されているならば、そこを書き換えてみようかと思いましたが、なかなか探し当てられず。そこで、ためしに、./public_html/ から ./web/ に戻してシンボリックリンクを張った形にしてみたところ、キャッシュも作成されて画像が表示されました。

コメント:1

****** 14-05-25 (日) 15:32
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.tanaka-cs.com/oss/p/79/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
OpenPNE-3.4.0.1のインストール。 from # えびログ

Home > OSS > OpenPNE-3.4.0.1のインストール。

カレンダー
« 2017 年 9月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のコメント
最近のPings
最近の投稿
メタ情報
カテゴリー

Return to page top