Home > Twitter

Twitter Archive

iPhoneとツイッターで会社は儲かる

本の題名に興味を持ったのか、イーシースタジオの社長に興味を持ったのか、そのどちらかというと後者だったのだけれど。
雑誌の記事か何かで、イーシースタジオの社訓は人に会わないこと。人に会う時間が勿体ない。
みたいなものを読んで、ずいぶん大胆な会社だと思って、そこにこの本の紹介も書かれていたので読んでみた次第でございます。

確かに、社員が10人くらいを超えると、社長の考えることはなかなか伝わらなくなるだろうし、社員同士のコミュニケーションも薄れていく。
そんな中で、一つのツールとして、iPhoneとツイッターの利用という方法は確かにありなのかもしれない。
もちろん他の方法もあるだろうけれども、他人とのコミュニケーションが下手な我々世代や、もっと若い世代には、このような形のコミュニケーションも合っているのかもと思った。
いまどき、飲みニケーションでもないだろうし。

全文を読む

Twitter Toolsのダイジェスト投稿の際の時間表示

Twitter Toolsのダイジェスト投稿の際、各tweetの表示を “date(‘H:i’)  tweet内容” の形にしたいので、twitter-tools.phpを少々修正。
Googleで検索をかけると方法を解説しているページがいくつかありましたが、WordPressの流儀にのっとった形にしてみようと、ちょっと試行錯誤しました。
WordPressの内部では、日時を全てUTC(GMT)で扱っているので、Twitter Toolsのみ、変にタイムゾーンの指定を加えたり、あるいは時差をハードコードせずに、WordPressの関数を使って時差を解決することにしました。

まず、各tweetの表示を、Twitter Toolsの関数(aktt_tweet_display)を使わず、独自に追加する関数(my_tweet_display)を利用するように変更。

twitter-tools.phpの423行目

$content .= ' <li>'.aktt_tweet_display($tweet, 'absolute').'</li>'."\n";
$content .= ' <li>'.my_tweet_display($tweet).'</li>'."\n";
に変更。

続いて、ダイジェスト投稿の際のタイトルの日付の修正(定番のやつ)を良く行われる方法とは違う形で行う。
431行目

'post_title' => $wpdb->escape(sprintf($title, date('Y-m-d'))),
'post_title' => $wpdb->escape(sprintf($title, get_date_from_gmt($endGMT, 'Y-m-d'))),
に変更。 ちなみにget_date_from_gmtはWordPressの関数で、WordPress本体にて指定したタイムゾーン設定に基づき、時差を解決した日付を返します。

そんでもって、885~894行目に新しい関数を追加。

function my_tweet_display($tweet) {
    global $aktt;
    $output  = '<a href="'.aktt_status_url($aktt->twitter_username, $tweet->tw_id).'" class="aktt_tweet_time">' . get_date_from_gmt($tweet->tw_created_at, 'H:i') . '</a>';
    $output .= '&nbsp;&nbsp;' . aktt_make_clickable(wp_specialchars($tweet->tw_text));
    if (!empty($tweet->tw_reply_username)) {
        $output .= '&nbsp;<a href="'.aktt_status_url($tweet->tw_reply_username, $tweet->tw_reply_tweet).'" class="aktt_tweet_reply">'.sprintf(__('in reply to %s', 'twitter-tools'), $tweet->tw_reply_username).'</a>';
    }
    $output = apply_filters('aktt_tweet_display', $output, $tweet); // allows you to alter the tweet display output
    return $output;
}

こんな感じです。

あとはダイジェストが多重投稿されるという問題が残っているので、そちらは改めて対処いたしましょう。

Twitterも知らぬ間にすごいことになっていたんですね。

Twitterと関連するサービスがたくさんあったりして、その広がりにちょっとびっくり。

WordPress用のプラグインとかも色々あって、オープンソースの恩恵なのかも知れませんが、いろいろなすそ野が広がっているんですね。とかきつつ、ちょっとテストです。

ホーム > Twitter

カレンダー
« 2017 年 11月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最近のコメント
最近のPings
最近の投稿
メタ情報
カテゴリー

Return to page top