Home > Tools

Tools Archive

秀丸で正規表現

文章から、日本語の文字列を削除する。

置換で、

検索:([ぁ-ん]|[ァ-ヶ]|[亜-黑]|[、-◯])
置換:

(置換の欄は空欄)で、正規表現にチェックを入れて全置換をすれば、日本語の文字列が削除されるはず。

SubversionのリポジトリをWindowsからLinuxに引っ越し

SubversionのリポジトリをWindowsからLinuxに引っ越ししたので、その覚書。
そのうちまた同じ作業をするかもしれないので。

最近は、Subversionのリポジトリは全てLinuxサーバ上に作ってますが、以前はTortoiseSVNから簡単に作れるので、ネットワーク上のWindowsサーバに作ってました。
たまにしかいじらないプロジェクトですと、そのままでもいいのですが、頻繁に更新するプロジェクトで、更新速度が気になるものがあったので、Linuxサーバに引っ越ししました。

その作業手順。

Windowsサーバ上のリポジトリのフォルダをzipで固めて、Linuxサーバへ持っていく。

Linuxサーバにて、Subversionのリポジトリ・ディレクトリ内に展開。

これだけでとりあえずはリポジトリをブラウズできるようになりましたが、ファイルが足りなかったりしてコミット等ができない様子。
バージョンの違いかも。

そこで、Linuxサーバ上にて、移してきたリポジトリをdumpする。
昨日のエントリのバックアップの設定を使えば、dumpも簡単。

その後、リポジトリを新たに作って、そこにloadする。

gzipで圧縮しているので、loadは以下のような形で。

gzip -dc /home/backup_svn_full/hogehoge/hogehoge.000000-000100.svndmp.gz | svnadmin load /var/repository/hogehoge

これで、問題なく移行ができた。Windows上でdumpしてもいいけれども、Linux上のほうが楽な気がする。

世の中は、Gitですけどね。

Subversionのリポジトリをバックアップ

Subversionのリポジトリのバックアップの設定を改めて行ったので、その覚書。

svn-backup-dumps.pyを使うと簡単にバックアップできる。全てのリポジトリをバックアップするためにシェルスクリプトを作成。

一週間に一回フルバックアップ。
(別途、バックアップサーバに退避しているので、前回のファイルは削除してからバックアップしている)

DUMP="/usr/share/doc/subversion-***/tools/server-side/svn-backup-dumps.py"
BACKUPDIR="/backup_svn_full"
REPOSDIR="/var/lib/svn"

for var in `ls -F $REPOSDIR|grep /`
do  
 BKSVN="$BACKUPDIR/$var"
 if [ ! -d $BKSVN ] ; then
  mkdir $BKSVN
 fi
 rm -rf $BKSVN*
 $DUMP -z $REPOSDIR/$var $BKSVN
done

リポジトリを走査して、バックアップディレクトリに同名のディレクトリが無い場合は作成。そのディレクトリ内にバックアップ。
適当に名前を付けて、週一回起動するようにcronに登録。

毎日のバックアップは、更新された分のみ

DUMP="/usr/share/doc/subversion-***/tools/server-side/svn-backup-dumps.py"
BACKUPDIR="/backup_svn"
REPOSDIR="/var/lib/svn"

for var in `ls -F $REPOSDIR|grep /`
do  
 BKSVN="$BACKUPDIR/$var"
 if [ ! -d $BKSVN ] ; then
  mkdir $BKSVN
 fi
 $DUMP -c 20 -z $REPOSDIR/$var $BKSVN
done

ホーム > Tools

カレンダー
« 2017 年 11月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最近のコメント
最近のPings
最近の投稿
メタ情報
カテゴリー

Return to page top