Home > Books > 小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則

  • 2010-03-16 (火) 12:02
  • Books

37シグナルズという、日本ではあまり知られていないけれども、Ruby On Railsの生みの親、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンが所属する会社の、小さなチームでいかにうまく仕事を回しているかというお話。
この本を読んで、Eric Sinkの本を思い出しました。
小さい会社は大きくなりたがるけど、大きい会社は身軽になりたがっている。
ちょっといろいろと思うところあり。

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)

著者/訳者:ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー ハンソン

出版社:早川書房( 2010-02-25 )

定価:

単行本 ( 185 ページ )

ISBN-10 : 4153200115

ISBN-13 : 9784153200111


<内容紹介>
会社は大きいほうがいいなんて幻想だ。今日では誰でも自分のアイデアをもとにビジネスを始められる。高価な広告枠、営業部隊、オフィス、いや、会議も事業計画もいらない。昼間の仕事をしながら、初めは週末の数時間を費やすだけで十分だ。小さな所帯で、シンプルに、迅速に、臨機応変に―それで僕らは成功している。二つの大陸に散らばった十数人のメンバーだけで数百万人のクライアントを抱えるソフトウェア会社37シグナルズは、その優れた製品だけでなく、常識破りな会社運営法でも、業界観測筋の目を釘付けにしている。その創業者とカリスマ開発者が、いまのビジネスに真に必要な考え方を示す。

<目次>
まず最初に
見直す
先に進む
進展
生産性
競合相手
進化
プロモーション
人を雇う
ダメージ・コントロール
文化
最後に

 

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.tanaka-cs.com/books/p/119/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 from # えびログ

Home > Books > 小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則

カレンダー
« 2017 年 9月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のコメント
最近のPings
最近の投稿
メタ情報
カテゴリー

Return to page top