Home

# えびログ

jQuery Text Change Event でテキスト変更のイベントをキャッチ

jQueryで、テキストボックス、テキストエリアの内容が変わるたびにイベントを発生させられるようになるプラグイン。

jQuery Text Change Event
http://www.zurb.com/playground/jquery-text-change-custom-event

何に使えるかというと、テキストエリアが未編集の場合にはボタンが無効にしておいて、何か編集したらボタンが有効になり押せるようになる、といったUIや、Twitterのように残り何文字といったカウントを行うためのイベント発生など。

べんりべんり。

(追記)

と思ったけど、IE8でなぜかstack overflowとかJavaScriptのエラーが出るのでjQueryで自前で書いた。
編集前の内容を格納しておいて、keyupのイベントが発生するたびに比較する形で実現。

$(function(){
    $(‘#memo’).bind(‘keyup’, function () {
        var res=$(this).val();
        var original=$(‘#tmp’).val();
        if(res==original) {
            $(‘#_add’).attr(‘disabled’, true);
        } else {
            $(‘#_add’).attr(‘disabled’, false);
        }
    });
});

みたいな。

AWSでメールが送れん

amazonのAWSでサーバをセットアップしていて、Webアプリからメールが送れないことに気がついた。

WARNING: RunAsUser for MSP ignored, check group ids (egid=500, want=51)
can not chdir(/var/spool/clientmqueue/): Permission denied
Program mode requires special privileges, e.g., root or TrustedUser.

なんてエラーが出ている。

試しに /var/spool/clientmqueue/ のパーミッションを777にすると、メールの送信は
できるようになるが、
dangerous permissions=40777 on queue directory /var/spool/clientmqueue/
なんて怒られる。

# chown smmsp:smmsp /var/spool/clientmqueue
# chmod 770 /var/spool/clientmqueue
# chmod g+s /usr/sbin/sendmail.sendmail
で解決。

プロボノ

  • 2011-04-21 (木)
  • misc

このところ、ソーシャルビジネスとか、社会企業家とか、社会貢献とかそういった類の本を読んでいます。プロボノという言葉を理解しました。

そんな中で思ったのが、20%ルールということで、業務の20%の時間を自分たちの技術と時間を使って社会貢献するということができないかなということです。ボランティアをするとかんがえると出社する必要もないので、週一回は出社不要にして、各自在宅でボランティア作業をするように、というのもありかなと思いました。
システム開発とかWebのデザインとかで、NPOやNGOのお手伝いをするとかいったことを想定しています。

別の話ですが、これからの時期は電力問題もありますし、社員全員に対し、週一回は自宅作業にするということを5月から実施してみようかななんて考えています。その発展形としてプロボノもいいかも。

http://servicegrant.or.jp/

http://www.roomtoread.jp/

本日は、一括エディ太Jr.を続けざまに購入いただきました

  • 2011-02-09 (水)
  • EC

本日は、一括エディ太Jr.を続けざまに購入いただきました。

http://e-jr.greenwich.co.jp/

ありがとうございます。
記念にちょっとだけバージョンアップ。

結構評価いただいているようでありがたい限りです。
多くの方に知ってもらう方法を模索中です。

mod_proxyを活用してみる2

昨日のつづき。

動的なコンテンツを apache で処理して、静的なコンテンツは別ポートで立ち上げる apache に mod_rewrite を使って渡そうと思いましたが、それならば軽量のWebサーバのほうがいいなと思いまして、静的コンテンツのほうのWebサーバは lighttpd にしてみました。

結果結構パフォーマンスが改善されたような気がします。

 

簡単に覚書。

http://www.lighttpd.net/

から、lighttpd-1.4.28.tar.gz をダウンロード

# tar xzvf lighttpd-1.4.28.tar.gz

# cd lighttpd-1.4.28

# ./configure

# make

# make test

# make install


これで、、/usr/local/sbin/lighttpd にインストールされる。

lighttpd-1.4.28のdocディレクトリにある doc/config/lighttpd.conf を編集して
/usr/local/etc に保存する。

他の doc/config 内のファイルも /usr/local/etc に保存する。

読み込むモジュールとかは、
/usr/local/etc/modules.conf で設定

doc/initscripts/rc.lighttpd.redhat は、
ファイル内の lighttpd.conf のパスを変更して /etc/init.d/lighttpd に保存する。

ログのローテートに関しては、
/etc/logrotate.d/lighttpd
に書いておく

Home

カレンダー
« 2017 年 9月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のコメント
最近のPings
最近の投稿
メタ情報
カテゴリー

Return to page top